秋田豊氏らゾンビに変身、カシマスタジアム内に悲鳴

秋田豊氏らゾンビに変身、カシマスタジアム内に悲鳴

 リアルなゾンビに捕まらずに謎解きを楽しむ体験型イベント「カシマゾンビスタジアム・2 ウイルスの謎を解け!カシマにゾンビ再び!〜」が14日、茨城県鹿嶋市のカシマスタジアムを舞台に開かれた。

 鹿島アントラーズと、東京都杉並区の“日本一脱出困難”なお化け屋敷で知られる「オバケン」、ゲーム大手の「タイトー」による共同イベントで、イベントは昨年に続いて2度目。今回は鹿島アントラーズサポーターへの「感謝デー」が舞台で、イベントに参加していた秋田豊氏、名良橋晃氏、鈴木隆行氏、中田浩二氏の各OBとの触れ合い中に、秋田氏、中田氏らがウイルスに感染、ゾンビになってしまった。この複数のゾンビに捕まらずにスタジアム内に隠された謎を解き、生き残ることができるか−というストーリーだった。

 参加者は腰に「ライフベルト」と呼ばれる2本のリボンがついたベルトを巻き、リボンを取られないようにゾンビから逃げ回る。制限時間90分以内にリボンを奪われることなく、スタジアム内に隠された4つのエリアの謎を解くことでミッションクリアになった。

 スタジアム内にサイレンが鳴り響く中、参加者は悲鳴や叫び声も上げながら、イベントを楽しんでいた。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索