植田直通が鹿島最後の練習「本当に感謝」笑顔で別れ

植田直通が鹿島最後の練習「本当に感謝」笑顔で別れ

 ベルギー1部セルクル・ブリュージュへ移籍する日本代表DF植田直通(23)が14日、鹿島アントラーズで最後の練習を終えた。

 特別なセレモニーなどはなし。コートを小さくした11対11の試合などを“普通に”こなして「いつも通りでしたね。いつもの鹿島だなぁと思ったし、こうやってみんなと最後に試合もできて、良かった」と笑顔で仲間と別れを告げた。

 鹿島で5年半を過ごした。勝利が求められた鹿島でのプレー。引き分けでは許されない気質。「ほかのクラブを経験していないから分からないですけど、僕の中ではこれが当たり前。でも『鹿島は違う』というのも聞こえる。そこが何かは分からないので今回、外に出てみて分かることがあるかもしれない。こんなに環境が整っていて、やりやすいところはないと思う。本当に鹿島に入れて良かったと、自信を持って言える。本当に感謝したいです」と話した。

 まず、ベルギーに行く。最初の海外移籍。それがどこの国、どこのリーグかは気にしていなかった。「そんなにこだわりはない。センターバックというポジション柄、外に出なければ見てもらえないポジション。まずは外に行くことが大事だと思うので」。

 ドイツで7年半過ごした鹿島の先輩DF内田篤人は強調した。「ナオの場合…俺もそう思うけど、ベルギーがゴールじゃないから。『ベルギーに移籍した。やった!』で終わりじゃない。ベルギーの次の次とか…その次だからね、本当にたどり着かなきゃいけないところは」。これには植田も同調し、ベルギー移籍がゴールだとは「全く思っていない」と言った。そう、これは始まりに過ぎない。

 通訳はつけない予定。理不尽な場面に遭遇することもあるだろう。それも分かっている。「海外では自分の当たり前が当たり前じゃなくなると思う。海外ではそういったところに慣れないと絶対ダメ。ちょっとしたところでいらつかず『そんな感じなんだ』ぐらいで受け止めておけば問題ない」。

 W杯の代表に選ばれて、ベンチにも座った。雰囲気も味わった。だが、身をもって感じた経験は全て、ピッチの外でのものだった。その悔しさが癒えないうちに決断した移籍。癒やしてからでは遅かったに違いない。「このチャンスを僕はモノにしたい」。大量に所有していたマンガ本も関係者に託した。飢えた状態で、チャレンジの旅に出る。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索