沼津が豪雨被災地支援で募金活動「早く元の生活に」

沼津が豪雨被災地支援で募金活動「早く元の生活に」

 J3アスルクラロ沼津は、静岡県沼津市の商業施設「イシバシプラザ」で14日、西日本豪雨被害支援の募金活動を行った。

 吉田謙監督(48)と選手13人も活動に参加。3グループに分かれ、施設の出入り口付近で利用者に募金を呼び掛けた。主将のMF菅井拓也(26)は「直接現地に出向くことは難しいですが、少しでも力になれるように協力したいです。被災地の皆さまが、一刻も早く元の生活に戻れるように取り組んでいきたいです」と思いを口にした。

 17日以降は沼津駅前などを中心に、全選手が募金活動に参加する。また、21日のホーム愛鷹多目的競技場で行われるFC東京U−23戦でも、募金を呼び掛ける予定だ。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索