イニエスタ欠場を漏洩 DFを謹慎

神戸高橋に謹慎1カ月 漏えい問題の事実関係確認

神戸高橋に謹慎1カ月 漏えい問題の事実関係確認

ヴィッセル神戸は12日、出場予定メンバー漏えい問題に関する調査結果を終えたとし、DF高橋峻希(28)への1カ月の謹慎処分を発表した。

問題が起きたのは9月23日の浦和レッズ戦。神戸MFアンドレス・イニエスタ(34)が欠場し、その情報が試合前にSNS上で拡散された。その発信源が高橋とされ、神戸はJリーグ、第三者の外部弁護士をまじえて調査。「内部情報を漏らしてはいけない」Jリーグの規約に抵触する案件で、事実関係が確認されたため処分の決定、発表となった。

クラブは「当該情報を漏えいすることにより何らかの利益を享受する、または対戦相手を利する等の不正な意図があったものとは認められませんでした。(また)totoの販売期間終了後に発生したものですが、ヴィッセル神戸として今回の事態を大変重く受け止めています」とし、高橋を9月24日から10月23日まで1カ月の謹慎処分。今後の再発防止として、外部講師を招いての勉強会を行うなどの措置を発表した。


関連ニュースをもっと見る

今日のニュースまとめ

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索