コンサドーレ札幌は熊本での第3次キャンプ初日となった12日、午前、午後の2部練習を実施。10日までキャンプを張った沖縄より気温は10度ほど低く、小雨が降り続く中、ミニゲームなどで精力的に調整を行った。

9日の川崎Fとの練習試合を体調不良で欠場し、宿舎で静養したFWジェイ(37)は「体は大丈夫。開幕戦までにはピークを持っていけるように信じないといけない」と気を引き締めた。

5−11で大敗とフラストレーションのたまる内容だった川崎F戦については「攻撃的なチームですけど、失点されすぎると試合を勝つのは難しい」と渋い表情。チーム最年長37歳のベテランは「もう少しメンタルの強さを持っていないといけない。自信を持ってプレーするのが大事」と強調した。

16日ルヴァン杯鳥栖戦まで、残る練習日は3日しかない。自身も、チームも急ピッチで課題をつぶしていく。