長崎出身の吉田麻也、原爆の日に世界へメッセージ

長崎出身の吉田麻也、原爆の日に世界へメッセージ

 長崎県出身のサッカー日本代表DF吉田麻也(28=サウサンプトン)が9日、自身のSNSで、故郷・長崎の72回目の原爆の日にメッセージを寄せた。

 英国の子どもたちが目を輝かせ、ともにサウサンプトンの試合に入場する画像とともに「彼らが、争いのない平和な世界で暮らしていけますように」などと、世界中にメッセージを発信した。

 長崎で生まれ育ち、故郷への強い思いを持つ吉田は毎年この日に長崎、広島、世界の平和を祈り、自身のSNSを更新。メッセージを発信し続けている。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索