ハリル監督、ブラジルは後半流したという報道に反論

ハリル監督、ブラジルは後半流したという報道に反論

 日本代表バヒド・ハリルホジッチ監督(65)が13日(日本時間14日)にベルギーのブルージュで会見した。14日の国際親善試合ベルギー戦前日の公式会見。

 その場で、1−3で敗れた10日のブラジル戦後に「後半、我々は勇気付けられた。後半だけなら我々が勝っていた」と話していた思いを重ねて強調。その上で、後半のブラジルは流していたといった論調の報道に対し、次のように反論した。

 「ブラジル戦の後半、我々のプレーが普通だったと評価する人もいるが、得点を取り、取り消された得点もあり、浅野の決定機もあった。ブラジルが、ペースを落として、日本をプレーさせたという評価もある。そう言っている人もいるが、その言葉に驚いている。私はブラジル戦の後半に誇りを持っている。ブラジルのここ12試合以上を分析したが、この前の日本の作ったように多くの決定機を作ったチームはない。アルゼンチンでさえがそうだ。ブラジルは強かった、やはり強かったと初めてそこで気付いたような方もいらっしゃったのかもしれないが、ブラジルは格上のチームでベルギーも同じ。W杯でそのような強豪と当たることもある。自信を持って彼らと勇敢に戦わないといけない。そのようなことができないのなら、私はW杯に行けない。彼らと一緒に戦えない」とまくし立てた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索