日本協会の田嶋幸三会長(62)が16日、五輪代表も兼任する日本代表森保一監督(51)を引き続きサポートしていく考えを明かした。

都内のJFAハウスでの理事会後、報道陣に対応。U−23アジア選手権を未勝利で終えたことには「満足できる成績かというと全く満足できない」。そのうえで「ずっと右肩上がりでいくと思ってない。いろんなチームを構成しないといけない中で、下がっている状況になったことを次へのリバウンドにしてほしい。皆さんからの批判には覚悟していかないといけないと思っている。全面的に今までと同じようにサポートしていきたい。一番大事なのはいかに欧州の選手を連れてこられるか。(兼任の)プレッシャーがふくらんで負担がかかるなら話し合いをすることは考えますが、現状、自分としては変わっていません」と変わらぬ信頼を口にした。