日本代表森保一監督が27日、新型コロナウイルスの影響で中断していたJリーグの再開・開幕を喜んだ。この日はJ2ジェフ千葉−大宮アルディージャ戦(フクダ電子アリーナ)を視察。通常なら試合後に取材に応じるが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、当面の間は取りやめに。日本協会を通じて、以下のコメントを発表した。

「今日の再開のために、そしてコロナ感染防止のために尽力いただいている全ての皆様に感謝します。そしてみんなが待ち望んでいたサッカーのある日常が帰ってきたことをうれしく思います。長く苦しい時間をひたすら耐え、この機会を待ち続けた選手、そしてサポーターの皆さん、まだ完全に状況が改善された訳ではありませんが、再びサッカーが日常に戻ってきたことを喜び、その感情を今、与えられた環境で思い切り爆発させてほしいと思います。今日の試合でもそういうもの感じることができました。その力がより推進力を生み、Jリーグ、Jクラブ、サポーターの皆さんが一体となってスポーツの価値を見せ続けてほしいと思います」