シュツットガルト、今季初公式戦1週間前にSD解任

 今季初公式戦となるコトブスとのドイツ杯1回戦を1週間後に控えた時期に、シュツットガルトで大きな振動が起こったと、5日の独紙ビルトが報じた。

 スポーツディレクターのヤン・シンデルマイザーがまず解任。会長のヴォルフガング・ディートリヒは「我々の掲げる目標を達成するため、これまでのやり方に説得力がなかった」と理由を説明した。ディートリヒにとって、若手タレントばかりを獲得する補強政策に納得がいかなかったようだ。

 後任にはBミュンヘンのテクニカルディレクターのミヒャエル・レシュケが就くという。ビルト紙の情報によると、10月1日から就任するようだ。またシュツットガルターナッハリヒテン紙によると、Bミュンヘン主任ユーススカウトのティモン・パウルスも獲得するようだ。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索