柴崎、練習試合で途中出場もアピールできず

<練習試合:アルコンコン2−1ヘタフェ>◇9日◇アルコンコン

 MF柴崎岳が所属するヘタフェは、アウェーでの2部のアルコンコンとの練習試合で1−2で敗れた。

 前半3分、後半10分とミスから失点。同12分に交代出場のFWチュリが左足で技ありのゴールを決めて1点差に迫ったが、2−1で逃げきられた。

 柴崎は2−1とリードされた後半17分からトップ下で出場。ワンタッチでボールをさばき、ボールが回るとプレーリズムは一段ギアが上がっていたが、パスの精度、味方とのコンビネーション不足からボールが上手くつながることはなく、定位置を確保できるようなアピールをすることはできなかった。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索