独移籍の浦和関根が出発「1日でも早くピッチに」

独移籍の浦和関根が出発「1日でも早くピッチに」

 浦和レッズからドイツ2部インゴルシュタットへ移籍するMF関根貴大(22)が10日、羽田空港からドイツへ出発した。

 9日はアウェーのヴァンフォーレ甲府戦に後半38分まで出場。「全然準備していなかったので」と、埼玉に戻ってからほぼ寝ずに準備したという。「そこから車に乗ったのはよかったんですが…」。家から空港に向かう道で大きな渋滞にあい、到着したときには出発が約1時間前まで迫っていた。「本当に飛行機に乗れないんじゃないかと思った」と苦笑いした。

 空港にはサポーターや友人が見送りに訪れ、「いってらっしゃい」の横断幕も。ジュニアユースから約9年半を浦和で過ごした関根のあたたかい出国となった。関根は「浦和から世界へ羽ばたくという道を目標にしていた。ゴールに向かう姿勢を見せて、1日でも早くピッチに立てるようにしたい」と力強く語った。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索