酒井高徳、9月にもハンブルガーSVと契約延長へ

酒井高徳、9月にもハンブルガーSVと契約延長へ

 日本代表DF酒井高徳がハンブルガーSVに残留して契約延長する見通しだと、12日の独紙ビルトが報じた。

 同紙によると、ベシクタシュ(トルコ)が酒井高に興味を示していたが、ハンブルガーSVのスポーツディレクターであるイエンス・トットは「我々のキャプテンを今夏に失うつもりはない」と明言。秋にも契約延長が行われる見込みだ。トットは「高徳はハンブルガーSVにとって、必要な選手だ。近いうちに話し合いを行うだろう」とコメントした。

 酒井高はこれまでに何度もドイツでの生活、特にハンブルクでの生活に満足していると話しており、自身のキャリアをここで終えることもイメージできるという。代理人のギド・バルターは「高徳のはっきりとした願いはハンブルクに残ることだ。彼はこのクラブで新シーズンもキャプテンを務めることに信じられないほど誇りに思っている」と明かした。契約延長の話し合いについては「クラブとはすでに意見交換をしているし、そのうち話し合いの場を持つだろう」と話していた。時期としては移籍市場が閉まった後の9月だろうか、と伝えている。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索