ロナウドがペレに並ぶ?4大会連続弾/W杯見どころ

ロナウドがペレに並ぶ?4大会連続弾/W杯見どころ

<ワールドカップ(W杯)ロシア大会:ポルトガル−スペイン>◇日本時間16日午前3時◇ソチ◇1次リーグB組

 1次リーグ屈指の好カード。過去の国際Aマッチの通算対戦成績は、スペインが16勝13分け6敗、72得点41失点と圧倒している。W杯本大会では1度だけ対戦しており、10年大会(6月29日)決勝トーナメント1回戦で、スペインがFWビリャのゴールで1−0勝利した。ただ、ポルトガルのFWロナウド(33=Rマドリード)が試合後にカメラマンにつばを吐くなど後味の悪い試合だった。

 数多くのタイトルを獲得しているロナウドだが、W杯では結果を残せていない。13試合で3得点とロナウドとしては物足りない。それでも、06年が6試合1得点(4強)、10年が4試合1得点(16強)、14年が3試合1得点(1次リーグ敗退)と3大会連続ゴール中。4大会連続ゴールとなれば、58〜70年のペレ(ブラジル)とゼーラー(西ドイツ)、02〜14年のクローゼ(ドイツ)に次いで史上4人目の快記録となる。

 スペインも達成可能な記録がめじろ押し。

 今回の「イベリア半島対決」に勝利すれば、W杯通算30勝目。ブラジル(70勝)、ドイツ(66勝)、イタリア(45勝)、アルゼンチン(42勝)に次いで史上5チーム目の節目となる。初戦での達成は難しいかもしれないが、あと8点でW杯通算100得点にも到達する(過去5チームが記録)。

 同僚のロナウドとのマッチアップも注目される、DFセルヒオラモス(32=Rマドリード)は、W杯の通算出場数が13試合。あと4試合で同国歴代最多のGKカシリャス(17試合)に並ぶ。

 大会直前には、来季からRマドリードの監督に就任することになっていたフレン・ロペテギ監督(51)が代表監督を電撃解任された。だが、J1神戸入りが決定しているMFイニエスタ(34=バルセロナ)ら、10年大会優勝メンバーは6人と、選手個々の経験は豊富。監督交代にも動じることないはず。2大会ぶりの優勝へ、まずは白星発進を狙う。

 ◆放送 NHK 16日午前2時45分

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索