トルコ1部トラブゾンスポルのスカウトチームは、サウサンプトン所属の日本人DF吉田麻也(31)にオファーをしたと、16日付トルコのフォトスポル電子版が報じている。

リーグ戦3位と好位につけているトラブゾンスポルのアーオール会長は、1月の移籍市場でCBと右MFのポジションの補強を目指していると、記者会見で明かしている。すでにスカウトが、イングランド入りしており、吉田に対してオファーを出しているという。

サウサンプトンを担当するボロヴスキー記者によると、サウサンプトンとの契約を残している吉田だが、移籍金なしでトラブゾンスポルへ移籍する準備ができているという。吉田もあと2シーズンは、欧州でのプレーを望んでおり、トルコからのオファーに対しても前向きに検討していると報じている。

吉田は今季リーグ戦では8試合に出場。昨年10月25日に0−9で大敗したホームでのレスター戦にフル出場して以降、同12試合連続でベンチスタートで途中出場は1試合と、チーム内で苦しい立場になっている。

(オルムシュ由香通信員)