スペイン紙マルカ電子版は25日、サッカー史上のベストイレブンについてのアンケートを実施した。グアルディオラ(現マンチェスター・シティ監督)が監督を務めたバルセロナ(2008〜2012年)がランキングトップに立っている。

1位に輝いたグアルディオラ指揮下のバルセロナはチャンピオンズリーグに2度優勝した他、2009年に史上初の6冠(欧州チャンピオンズリーグ、スペインリーグ、スペイン国王杯、クラブW杯、スーパー杯、スペイン・スーパー杯)を達成している。そのベストイレブンのシステムは4−3−3で、メンバーはGKバルデス、DFアウベス、プジョル、ピケ、アビダル、MFシャビ、ブスケツ、イニエスタ、FWメッシ、エトー、アンリとなっている(約4万6100票)。

2位は前人未到のチャンピオンズリーグ3連覇を成し遂げたジダン第一政権のレアル・マドリード(2016〜2018年)。システムは4−4−2。GKナバス、DFカルバハル、バラン、セルヒオラモス、マルセロ、MFモドリッチ、カゼミロ、クロース、イスコ、FWベンゼマ、ロナウド(約3万票)。

3位はチャンピオンズ杯(チャンピオンズリーグ前身)2連覇を成し遂げたサッキ指揮下のACミラン(1987〜1991年)。システムは4−2−3−1。GKガッリ、DFタソッティ、バレージ、コスタクルタ、マルディーニ、MFライカールト、アンチェロッティ、コロンボ、フリット、ドナドーニ、FWファンバステン(約1万9400票)となっている。

続く4位はディステファノを擁し、1960年にチャンピオンズ杯優勝を果たしたミゲル・ムニョス監督率いるRマドリード(約1万3300票)。

5位はブトラゲーニョを中心とした「キンタ・デル・ブイトレ」(ハゲワシ部隊)と呼ばれ、1980年代にスペインリーグ5連覇を成し遂げたRマドリード(約9600票)。

6位はクライフを擁し、1972年にチャンピオンズカップ優勝を成し遂げたアヤックス(約9000票)。

7位は1991年にチャンピオンズ杯を制したレッドスター(約7900票)。

8位はプスカシュを中心にプレーした「マジック・マジャール」(ゴールデンチーム)と呼ばれた1950年代のハンガリー代表(約5800票)。

9位はベッケンバウアーを擁し、1970年代にチャンピオンズ杯3連覇を達成したバイエルン・ミュンヘン(約5000票)。

10位はバズビーが指揮した「バスビー・ベイブス」(バスビーの子供たち)のマンチェスター・ユナイテッド(約3700票)。(高橋智行通信員)