レアル・マドリードからドルトムントに期限付き移籍中のモロッコ代表MFアクラフ・ハキミ(21)が移籍金4000万ユーロ(約48億円)でインテル・ミラノに入団することが確定的となった。これによりレアル・マドリードは2008年からの12年間、選手売却で約10億ユーロ(1200億円)の収入を得るとスペイン紙アスが1日に報じている。

最初の高額移籍は2008年にマンチェスター・シティーへと移籍したロビーニョで4300万ユーロ(約51億6000万円)だった。移籍金最高額は2018−19シーズンにユベントスへと去ったクリスティアーノ・ロナウドで1億ユーロ(約120億円)となっている。

クリスティアーノ・ロナウドに次ぎ、2017−18シーズンにチェルシーに入団したモラタが8000万ユーロ(約96億円)で2番目、2014−15シーズンにマンチェスター・ユナイテッド入りしたディマリアが7500万ユーロ(約90億円)で3番目に高額である。

2008〜2020年の移籍金合計は、9億7010万ユーロ(約1164億1200万円)となっている。

・2008−09シーズン:7100万ユーロ(約85億2000万円)

ロビーニョ、バチスタ、ソルダード、カッサーノ、バルボア、グラネロ

・2009−10シーズン:8850万ユーロ(約106億2000万円)

ロッベン、スナイデル、フンテラール、ネグレド、ハビ・ガルシア、サビオラ、パレホ、ミゲル・トーレス、エインセ

・2010−11シーズン:1050万ユーロ(約12億6000万円)

ファンデルファールト

・2011−12シーズン:500万ユーロ(約6億円)

ガライ

・2012−13シーズン:3600万ユーロ(約43億2000万円)

ラサナ・ディアラ、グラネロ、カナーレス、シャヒン(期限付き移籍)、ガゴ、アルティントップ

・2013−14シーズン:1億2060万ユーロ(約144億7200万円)

エジル、イグアイン、アルビオル、カジェホン、ペドロ・レオン、ネグレド、ソルダード

・2014−15シーズン:1億2150万ユーロ(約145億8000万円)

ディマリア、モラタ、シャビ・アロンソ、ガライ、シャヒン

・2015−16シーズン:2500万ユーロ(約30億円)

イジャラメンディ、ディ・マリア(第三クラブ移籍による収入)

・2016−17シーズン:3500万ユーロ(約42億円)

ヘセ、チェリシェフ

・2017−18シーズン:1億3700万ユーロ(約164億4000万円)

モラタ、ダニーロ、ハメス(期限付き移籍)、マリアーノ

・2018−19シーズン:1億ユーロ(約120億円)

クリスティアーノ・ロナウド

・2019−20シーズン:1億4400万ユーロ(約172億8000万円)

コヴァチッチ、マルコス・ジョレンテ、テオ、ラウール・デ・トマース、ケイラー・ナバス、ダニ・セバージョス(期限付き移籍)

・2020−21シーズン:4000万ユーロ(約48億円)

アクラフ

(高橋智行通信員)