坂本花織が首位発進 堂々のシニアデビュー

<フィギュアスケート:国際競技会アジアンオープントロフィー>◇第3日◇4日◇香港◇女子ショートプログラム(SP)

 今季からシニアで戦う坂本花織(17=神戸FSC)が63・70点の首位で好発進した。

 新プログラム「死の舞踏」の冒頭にフリップ−トーループの連続3回転ジャンプで1・40点の加点を導くなど、完成度の高さを示した。昨季の世界ジュニア選手権で3位に入った実力者が、堂々のシニアデビューとなった。

 坂本と同じく今季からシニアの白岩優奈(15=関大KFSC)は62・03点で2位。

 5日にフリーが行われる。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索