やり投げ新井が予選敗退「本当に何もできなかった」

<陸上:世界選手権>◇10日◇ロンドン◇男子やり投げ

 男子やり投げの新井涼平(26=スズキ浜松AC)は不完全燃焼で予選敗退となった。

 1本目ファール、2本目77メートル38、3本目74メートル77。今大会の参加標準記録には及ばず、決勝に自動進出できる83メートル00には大きく届かなかった。前回大会は9位も2大会連続の決勝進出はならなかった。

 新井は「こんなものかな。体は動くように入ってきたが、技術が安定しなかった。本当に何もできなかった。85メートル以上投げないと世界とは戦えない。まだそのレベルに達していない」と悔しがった。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索