萩野公介、涙の世界選手権から逆襲へ気持ち切り替え

萩野公介、涙の世界選手権から逆襲へ気持ち切り替え

 競泳のユニバーシアード大会(19日開幕、台北)代表は11日、都内で練習を公開した。

 エース萩野公介(22=ブリヂストン)は個人メドレー、背泳ぎなど、国内外を含め、自身最多8種目に出場する。日本選手団の主将を務めることもあり「最終日までしっかり泳ぎきりたい」と、自ら結果を出して日本チームを引っ張る決意は強い。

 先月の世界選手権では200メートル個人メドレーは銀も、昨年リオ五輪金メダルの400メートル個人メドレーでは6位に終わった。大会途中から不振で、涙を流す場面もあった。「悔しい経験ができたのはいいこと。これから何をするかが大事」と気持ちはすでに切り替わっている。3年後の東京五輪金メダルへの逆襲が、ユニバから始まる。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索