桐生祥秀、東洋大卒業後も土江コーチとタッグ継続へ

桐生祥秀、東洋大卒業後も土江コーチとタッグ継続へ

 男子400メートルリレー代表の桐生祥秀(21=東洋大)が大学卒業後も、土江寛裕コーチ(43)の指導を受け続けることが12日、分かった。

 日本歴代最多10度の10秒0台を誇る大学4年生は、04年アテネ五輪男子400メートルリレー4位のコーチに師事し、日本人初の100メートル9秒台、その先の20年東京五輪を狙う。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索