サントリーが2季連続8度目V、パナソニック下す

サントリーが2季連続8度目V、パナソニック下す

<ラグビー・日本選手権兼トップリーグ決勝トーナメント:サントリー12−8パナソニック>◇13日◇決勝◇秩父宮ラグビー場

 サントリーが2季連続8度目の王者となった。前半5分にSO中村亮土のトライで先制しゴールも成功。トライを返され2点差とされた前半33分にはFB江見翔太のトライで12−5とし、前半を折り返した。後半に入りペナルティーゴールで3点を返されたが、終盤のパナソニックの猛攻をしのぎきった。パナソニックは今季ここまで14戦全勝で臨んだ一戦だったが、あと1歩届かなかった。

 試合後のSH流大主将は、目に涙を浮かべながら「苦しい時期もあったので、それをみんなで乗り越えられてうれしいです。全員で体を張って素晴らしいゲームになったと思います。素晴らしい相手とこういうゲームができて、パナソニックさんにも感謝したいです」と話した。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索