日本が痛恨転倒で決勝逃す「残念だし、申し訳ない」

日本が痛恨転倒で決勝逃す「残念だし、申し訳ない」

<ピョンチャン五輪:ショートトラック>◇13日◇男子5000メートルリレー予選

 坂爪亮介(27=タカショー)、吉永一貴(18=愛知・名古屋経大市邨高)、渡辺啓太(25=阪南大職)、横山大希(23=トヨタ自動車)で臨んだ日本が5〜8位決定戦に回った。

 8チームが2組に分かれ1、2位が進む決勝へ向け、韓国、ハンガリー、米国との予選2組に登場。3位で迎えた終盤の勝負どころで前をとらえようとしたところで転倒。4位で終えた。

 痛恨の転倒となった坂爪はレース後「転倒したら何も残らない。最後までつなげられなかったのが残念だし申し訳ない」と唇をかんだ。

 5〜8位決定戦は22日。アンカーを務めた吉永は「改善すべき点もある。一番いいレースをB決勝(5〜8位決定戦)でできれば」と前を向いた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索