小平奈緒は銀!高木美帆は銅 女子W表彰台は史上初

小平奈緒は銀!高木美帆は銅 女子W表彰台は史上初

<ピョンチャン五輪:スピードスケート>◇14日◇女子1000メートル

 スピードスケート短距離のエースで、世界記録保持者の小平奈緒(31=相沢病院)がトップと0秒26差の1分13秒82で、銀メダルを獲得した。

 1500メートルで銀メダリストとなった高木美帆(23=日体大助手)は1分13秒98で、銅メダル。今大会で自身2個目のメダルとなった。

 スピードスケート日本女子選手のダブル表彰台は史上初となり、男子も含めると10年バンクーバー五輪の長島、加藤以来3度目となった。

 小平は初出場の2010年バンクーバー五輪の女子団体追い抜きで銀メダルを獲得したが、個人種目でのメダルは初。

 郷亜里砂(30=イヨテツク)は1分15秒84で13位だった。

 ヨリン・テルモルス(28=オランダ)が1分13秒56のオリンピック・レコードで金メダル。

<3選手のコメント>

 ▽小平奈緒の話 とにかく今日は、順位とかメダルよりも何よりも氷としっかり対話して、自分の好きなように氷を味わおうと思いました。600メートルまではかなりいいラップでこれて、最後は少し落ちましたが、しっかりと諦めずにゴールラインの先まで実力を出し切れたと思います。(1位のヨリン・テルモルスは)素晴らしいタイムだなと思いました。気圧はどんどん下がっているので、いいタイムが出ると予想していたのですが、私もこれくらいのタイムで滑られるかもしれないという思いと、しっかり自分に集中しないといけないなと思いました。(高木美帆と表彰台に立った)もう一段高いところで2人で並べられたら最高でしたが、お互い残すはあと1種目なので、それぞれの舞台でにしっかり出し切れたらと思います。今回のことは忘れて自分の得意な500メートルに集中したいと思います。

 ▽高木美帆の話 1000メートルでの低地ベストを出して掲示板の順位で2位だと確認した。1番は取れなかったが(1500メートルで疲れの残る)体のことを考えると想定以上のレースができた。自分を褒めたい。自分との戦いだし集中していた。1500メートルのダメージは思った以上にあった。どうなるだろうと思っていたが体が良く戦ってくれた。

 ▽郷亜里砂の話 最初、すごくスタートに立つと緊張しましたが、滑り始めてから冷静に自分の滑りがしっかりできて、このタイムは今の自分の実力だと思います。500(メートル)につながる走りができたのかなと思います。(次戦に向けての手応えは)最初の入りだったり、コーナーの滑りだったりこれから18日の500メートルにつながるスケーティングの感覚をつかめるものがあってよかった。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索