LS北見の藤沢五月が抱負「上を目指して戦う」

LS北見の藤沢五月が抱負「上を目指して戦う」

 18日に開幕する全農2018パシフィックアジアカーリング選手権大会日本代表決定戦の公式練習と記者会見が17日、北海道北見市で行われた。

 平昌五輪代表と2月の日本選手権優勝チームが来年の世界選手権につながるパシフィックアジア選手権の出場権を争う。5試合のうち先に3勝したチームが代表権を得る。男子は平昌五輪代表SC軽井沢クラブとチームIWAI、女子は同代表LS北見と富士急が対戦する。

 ピョンチャンオリンピック(平昌五輪)で日本勢初となる銅メダルを獲得したLS北見のスキップ藤沢五月(26)は「自分たちの強みは、まだまだこんなもんじゃないと思っているところ。上を目指しておごらず、戦いたい」と抱負を語った。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索