上地結衣6連覇王手「皇后杯初の優勝者になりたい」

上地結衣6連覇王手「皇后杯初の優勝者になりたい」

<車いすテニス:ジャパンオープン飯塚国際大会>◇17日◇福岡県飯塚市・筑豊ハイツ◇男女シングルス準決勝ほか

 女子世界1位の上地結衣(24=ユニクロ)が同10位のサコーン・カンタシット(46=タイ)を6−1、6−0で圧倒し、大会6連覇に王手をかけた。

 昨年の準決勝と同じカードを制した上地は「6−1、6−0のスコアは初めて。リターンゲームからの展開がよかったと思います」と納得の表情だった。

 狙いは「オフバランス」。独特のタイミングと配球が持ち味の技巧派サコーンに、決して十分な体勢で打たせなかった。トップスピン、スライスとも相手コートの奥深く、両サイドに運んだ。走らせて体勢を崩し続けたことが完璧な勝利につながった。

 サコーンには初対戦から3連敗したが、その後6連勝と苦手意識も振り払った。「決勝でも自分のプレーに徹して、皇后杯初の優勝者になりたいです」。上地は決勝のザビーネ・エラーブロック(42=ドイツ)戦の必勝を誓った。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索