国枝慎吾、女子は上地結衣が決勝へ 車いすテニス

国枝慎吾、女子は上地結衣が決勝へ 車いすテニス

<車いすテニス:ジャパンオープン飯塚国際大会>◇17日◇福岡県飯塚市・筑豊ハイツ◇男女シングルス準決勝ほか

 女子準決勝で世界1位の上地結衣(24=エイベックス)が同10位のサコーン・カンタシット(46=タイ)を6−1、6−0のストレートで下し、大会6連覇と今年から下賜された皇后杯獲得に王手をかけた。上地はジュリア・カッポッチ(26=イタリア)とのダブルスでも決勝進出を決めた。

 世界15位の田中愛美(21=ブリヂストンスポーツアリーナ)は同4位のサビーネ・エラーブロック(42=ドイツ)に0−6、2−6で敗れ、決勝進出はならなかった。

 男子では世界3位の国枝慎吾(34=ユニクロ)が同2位のグスタボ・フェルナンデス(24=アルゼンチン)を7−5、5−7、6−1のフルセットで破って決勝進出。3年ぶり9回目の優勝と天皇杯をかけ、リオデジャネイロ・パラリンピック金メダリストで昨年の王者、ゴードン・リード(26=英国)と対戦する。国枝はフェルナンデスとのダブルスでも決勝に進んだ。

 男女ダブルス決勝は18日、シングルス決勝は19日に行われる。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索