チームIWAI「うれしくて眠れない」五輪代表破る

チームIWAI「うれしくて眠れない」五輪代表破る

<全農2018パシフィックアジアカーリング選手権日本代表決定戦>◇18日◇北海道北見市・アドヴィックス常呂カーリングホール

 男子第2戦はチームIWAIが6−5で平昌オリンピック代表のSC軽井沢クに競り勝った。

 同点の第10エンド(E)。18歳のフォース青木豪が最後のショットをハウス中央に決めた。相手のストーンがハウス手前に2個、ハウス内に1個。外せば敗戦の重圧がかかる状況に「少し早いと思ったが使ってないラインだったので減速してくれて良かった」と振り返った。公務員3人、学生2人のチームで結成はわずか約4カ月。第1戦は1−9で敗戦したが気持ちを切り替えて臨んだ。五輪代表チームからの金星に青木は「今夜はうれしくて眠れないかも」と興奮気味だった。

 一方、敗れたSC軽井沢クのスキップ両角友佑(33)は「序盤に攻めあぐねたのが痛かった」と悔しい表情を見せた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索