山根氏が病院療養「絶対安静」妻と見られる女性語る

山根氏が病院療養「絶対安静」妻と見られる女性語る

 選手への助成金の不正流用や、暴力団との交際を認め、日本ボクシング連盟の会長を辞任した山根明氏(78)の妻とみられる女性が13日午後、大阪市内の自宅前で、山根氏は「病院で治療中」だと語った。

 女性によると山根氏はこの日朝、今月初旬に大腸ポリープを8個除去した手術の経過観察で病院に向かったといい、医師から「絶対安静」と言い渡されたという。病院では「点滴を受けるなどして療養している」とした。

 女性は山根氏の体調について「疲れていたし、仕方ないこと」としつつも、あくまでも「入院ではない」と話した。帰宅については「明日になるのか、明後日になるのか分からない」と今後の見通しを説明した。 山根氏は前日の12日午後、自宅前で報道陣に対し「近所迷惑。これは殺人や」などと“山根節”をさく裂させ、最後には「スカッとした」と元気そうな様子も見せていた。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索