自転車BMXフリースタイル・パークのエース、中村輪夢(17=ウイングアーク1st)が、大規模な森林火災が続くオーストラリアへの思いを口にした。

中村は15日、都内で「CHIMERA(キメラ)A−SIDE THE FINAL」(25、26日・愛知県国際展示場)の記者会見に出席。国内では破格の優勝賞金1000万円の使い道を聞かれ「少しでも寄付ができれば」と話した。

昨年のW杯で総合優勝を果たした中村にとって、競技の本場でもあるオーストラリアは特別な場所。昨年末にも20日間、ブリスベンなどで練習した。「一番好きな国。寄付ぐらいしか力になれないけど」と話し、優勝賞金ゲットに意欲。大会には絶対王者のローガン・マーティン(27=オーストラリア)らトップランカーが集まる。「ほぼ東京五輪と同じメンバー。いい走りをしたい」とオリンピック「前哨戦」に向けて話していた。