東京オリンピック(五輪)・パラリンピック組織委員会は12日、東京・晴海で会見し、観戦チケットの春季販売概要について発表した。

整理券はがき抽選による先行窓口販売から始まり、組織委の鈴木秀紀マーケティング局次長は「有楽町に開設いたします東京2020チケットセンターでの販売となります。先着順販売で1度に大勢のお客さまにご来店たまわりますと、周辺が大変な混雑になることが予想されます。整理券はがきによる抽選を事前に実施させていただきたいと思います」と説明した。

<1><申し込みから販売の流れ>

まず、はがきで整理券の抽選に申し込む。五輪は2月20日〜3月12日、パラリンピックは3月13日〜4月5日で、ともに最終日の必着。当選者には五輪が4月上旬、パラは5月上旬に集合日時や購入方法の案内が発送される。

<2><はがきによる整理券の申し込み方法>

対象者は日本国内在住の方。はがきに五輪かパラの希望、氏名、住所、電話番号、生年月日(西暦)を明記の上「〒119・0152 東京2020大会観戦チケット整理券事務局」へ郵送する。申し込み上限は五輪、パラそれぞれ1人1枚まで。当選者に集合日時と整理番号が入った通知が送付される。

<3><当選した方のチケットの購入方法>

東京2020チケットセンター有楽町で。五輪が4月28日〜5月7日、パラが5月22日〜28日の期間内に現地で購入する。1人1セッションのみ、4枚まで(開閉会式は2枚まで)。Visa決済か現金決済で紙チケット。

デザインは特別版ではなくサーマルチケット(その場で印刷される)ものになる。公的な身分証明書による本人確認が実施される。

東京2020チケットセンター有楽町は東京都千代田区丸の内3の8の3 東京スポーツスクエア内に設置予定。

<4><整理券はがき抽選による先行窓口販売以降の春季販売の流れ>

・公式チケット販売サイトによるウェブ販売(先着順)

五輪=5月中旬以降〜大会期間中

パラ=調整中

・窓口販売(先着順)

五輪=5月中旬以降〜大会期間中(公式サイトが先)※有楽町+都内もう1店舗(都心で選定中)

パラ=調整中

・公式リセールサービス

五輪5月下旬以降〜大会期間中

鈴木局次長によると、はがき当選枚数は五輪が10日間で約5000枚、パラが3000枚を想定。乳幼児も含む未成年者の名前で申し込み、当選した場合は原則、保護者と一緒に窓口へ足を運ぶ必要がある。指定された日時の時間の刻み方は、検討中だが、1時間〜2時間などになる可能性がある。

はがき抽選を採用した目的は、他スポーツイベントで整理券の入手にも多くの人が並んでしまっている状況から考慮して。アナログの手法を採ったことには、インターネットに慣れていない層にも平等に申し込めるようにするためにも、アナログが適切と内部で判断した。