2020年東京オリンピック(五輪)の進捗(しんちょく)状況を話し合う国際オリンピック委員会(IOC)との事務折衝が13日、都内で始まり、新型コロナウイルスの対応について話し合うことが確認された。会議冒頭、各団体の責任者が問題について言及。大会組織委員会の森喜朗会長は「政府と連携し、冷静に対応する。無責任なデマもあったが、東京大会の中止や延期は検討されていないとあらためて申し上げる」と述べた。

IOCのジョン・コーツ調整委員長は「予想外の課題。国、都、組織委から全てのアスリート、日本にやってくる方々に影響がないよう、必要な警戒を考えているかを伺う」と話した。

選手村村長の川淵三郎氏は「いろんな情報を聞く限り、インフルエンザよりそう強いウイルスではないと聞いている。ウイルスは湿気と暑さに弱いということで、日本には梅雨というウイルスをやっつける最高の季節がある。私としては、日本の知識と経験を持ってやれば必ずや克服できると心から感じている」と力強く語った。