<アーチェリー:東京五輪(オリンピック)代表第2次選考会最終日>◇22日◇静岡・つま恋リゾート彩の郷◇無観客

現役女子高生として東京五輪(オリンピック)出場を目指す園田稚(わか、17=東京・足立新田高)が、最終選考会(4月11、12日、静岡・つま恋リゾート彩の郷)進出を逃した。

出場6人中、最下位となった。ソウル五輪に高校3年生で出場した中込以来の高校生代表入りを目指したが、今大会の道が閉ざされた。

最終選考会には、この日の成績上位5人が進出する。女子1位は、ロンドン五輪団体銅メダルの早川漣(32=デンソーソリューション)で1304点。男子1位は、五輪5大会連続出場を目指す古川高晴(35=近大職員)で1323点だった。