21年7月の水泳世界選手権福岡大会組織委員会事務局は24日、東京オリンピック(五輪)延期論について、事態の推移を慎重に見極める方針だ。東京五輪が1年延期になった際、同大会は日程がバッティングする可能性が浮上。同事務局は「まずは五輪がどうなるか、その上で国際水連がどうするのか、ということになります」とした。

同大会は国際水連の主催大会。決定権はあくまで国際水連が持ち、開催地にはない。東京五輪の延期によって影響を受ける可能性があるが、同事務局は「仮定の話は答えられません。今は国際水連がオリンピックとの関係を検討していると思います。ここ数日間で国際水連から、こちら側に連絡はないです」とした。

21年夏は、7月に水泳世界選手権、8月に陸上世界選手権(米オレゴン州)が予定されている。世界陸連のコー会長は、他の競技団体と日程調整を行う意向を示しており、英タイムズ紙は陸上世界選手権が東京五輪の延期を支援するために、22年まで延期される可能性があると報じている。