21年へ1年程度の延期が決まった東京オリンピック(五輪)の新日程が4月中旬までに決まりそうだ。

決定から一夜明けた25日、組織委の武藤敏郎事務総長(76)が都内で取材に応じ、4月15日から予定の国際オリンピック委員会(IOC)調整委員会に触れ「そこまで待っていられない」と明かした。競技日程も、先行開幕を含めた19日間を「原則的に今のまま」の形で移したい意向も示した。追加経費が3000億円程度か聞かれ「それで済めば、いい方ではないか」と答える場面も。

東京2020大会実施再スタート本部(仮称)を幹部ら20人超で26日に立ち上げることも報告した。