日本水連の坂元要専務理事が26日、中止となった競泳日本選手権(4月2〜7日、東京アクアティクスセンター)の経緯について説明した。

25日に一度は代表選考会としての開催を決定したが、1時間後に東京都の小池都知事が緊急会見。今週末の外出自粛を呼びかけるとともに「感染拡大、重大局面」のボードを掲げた。それを見た青木会長から、坂元専務理事に「これじゃあちょっと厳しい。執行部の意見を聞いてくれ」と電話があり、上野、安部の両副会長に確認をとった上で、中止を決断した。

坂元専務理事は「他県から来て、ホテルに泊まる選手もいるし、無観客でも集まる人数は多い。青木会長はそれを心配していました」と話した。開催→中止と二転三転したことについて「今、思えば、反省もあります。ドタバタしてしまったところもある」。21年東京五輪の代表選考会については「東京五輪の日時が決まってから、ということで保留しています」とした。