16年リオデジャネイロ五輪で7人制ラグビー日本代表を4位入賞に導いた瀬川智広氏(49)が、新風を送り込む。

今春から摂南大監督に就任し、26日は大阪・寝屋川市内で行われた練習を指導。11季ぶりの全国大学選手権出場へ「大人のチームにしたい」と誓った。

新型コロナウイルスによる自粛が明け、今月22日から約25人ずつで再開したグラウンド練習。東芝の監督として08〜09年度のトップリーグを連覇し、リオ五輪でニュージーランドから歴史的勝利を挙げた同監督は「失敗しても構わん!」と何度も呼びかけた。新しい技術への主体的な挑戦を促し、練習前後の用具は4年生が運ぶ仕組みが生まれた。

昨年は関西7位で入れ替え戦を経験した。チーム内のつながりを大切に「誇りに思えるチームにしたい。最終的には日本一を目指すために、ぶれないのが大事」。まずは、チームの文化を築き上げる。【松本航】