谷原秀人、後半スコア崩し62位に「全部悪かった」

谷原秀人、後半スコア崩し62位に「全部悪かった」

<米男子ゴルフ:世界選手権シリーズ ブリヂストン招待>◇第1日◇3日(日本時間4日)◇オハイオ州アクロン・ファイアストーンCC(7400ヤード、パー70)◇賞金総額975万ドル(約10億7000万円)優勝162万ドル(約1億7800万円)

 初出場の谷原秀人(38=国際スポーツ振興協会)は2バーディー、6ボギーの74で回り、4オーバーの62位と出遅れた。

 2番でグリーン手前から60センチに寄せてバーディー先行。この日最も難度が高かった4番でも5・5メートルを沈めてスコアを伸ばし、一時はリーダーボードの上位に顔を出した。しかし「うまく打てていたのが急に曲がり出した。そこから修正できなかった」と、ショットが乱れ始めて暗転。8、9番で連続ボギーをたたいてイーブンで折り返すと、後半でスコアを崩した。

 「ショットもパットも、全部悪かった。パットのタッチはいいけど、ラインが読めていない。思ったところに打てているんですけど、入らない」と険しい表情。ホールアウト後に直行した練習場では最後の1人になるまで打ち込み、立て直しを図った。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索