松山英樹、残り3ホール3連続バーディーで−1発進

松山英樹、残り3ホール3連続バーディーで−1発進

<米男子ゴルフ:全米プロ選手権>◇第1日◇10日◇米ノースカロライナ州クウェイルホローC(7600ヤード、パー71)

 今季最後のメジャーが開幕した。悲願のメジャー初制覇を目指す優勝候補の松山英樹(25=LEXUS)は、残り3ホールで3連続バーディーを奪い、第1日を1アンダーで終えた。

 10番パー5からのインスタートで、いきなりバーディーを奪った。第3打のアプローチが大きくオーバーするも、15メートル以上のロングパットを沈めた。続く11番パー4でもアイアンショットでピン上3・5メートルにつけたチャンスを逃さず、連続バーディー。前半は3バーディー、2ボギーで1アンダー。

 後半に入ると、苦しむ場面もあった。3番から3連続ボギーをたたいて、一時は2オーバーまでスコアを落とした。

 しかし、7番パー5でバーディーを奪うと、ここから勢いを取り戻した。8番でもバーディー。最後は難しいと言われる9番パー4で、長いパットを沈めて3連続バーディーで締めくくった。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索