松山4オーバー、小平9オーバーでハーフ終える

松山4オーバー、小平9オーバーでハーフ終える

<米男子ゴルフ:全米オープン選手権>◇第1日◇14日◇米ニューヨーク州・シネコックヒルズGC(7445ヤード、パー70)

 今季のメジャー第2戦が開幕した。世界ランク10位の松山英樹(26=LEXUS)は、ハーフを終えて4オーバーの46位で発進した。

 インスタートの10番パー4で、第2打がグリーンオーバーしながらも、パー。

 続く11番パー3では、ティーショットが右手前バンカーにはまり、ボギーとなった。

 12番パー4では、2オンさせて3メートルに付けると、強い突風で一度は仕切りなおして、バーディーパットを沈めた。

 13番パー4では再びバンカーにつかまり、ボギー。

 14番パー4は、パーでしのいだ。

 15番パー4で、この日3つめのボギー。

 16番パー5では、このコース独特のラフにはまり、ダブルボギーをたたいた。

 松山は9ホールを終えて1バーディー、3ボギー、1ダブルボギーとなった。

 同じ午前組の小平智(28)は、出だしの10番パー4でいきなりトリプルボギー。12番でボギー。13番でダブルボギー。その後も3つスコアを落とし、12ホールを終えて9オーバーの72位と、苦しいスタートになった。

 日本人は4人が出場しており、秋吉翔太(27)と星野陸也(22)は午後(日本時間15日未明)からスタートする。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索