松山英樹の後輩、沖せいら首位キープ「優勝したい」

松山英樹の後輩、沖せいら首位キープ「優勝したい」

<女子ゴルフ:サマンサタバサ・レディース>◇第2日◇14日◇茨城・イーグルポイント(6588ヤード、パー72)◇賞金総額6000万円(優勝1080万円)

 

 遅れてきた黄金世代の沖せいら(25=福岡センチュリーGC)が、通算9アンダー、135で2日連続首位をキープした。

 一時は11アンダーで独走しながら、終盤16、17番で連続ボギー。最終18番もティーショットがラフにつかまり、2・5メートルのいやなパーパットを残した。それでも「優勝するなら絶対入れなきゃ」と、パーセーブ。首位に踏みとどまった。「明日は、ここまできたら優勝したいんで、優勝をねらっていきます」と、ツアー初優勝への決意を語った。

 14歳でゴルフを始め「プロをめざすんだったら」と、山口県から東北高校へ進学。東北福祉大では男子米ツアーで活躍する松山英樹の1年後輩となった。「松山先輩がアマチュア最後の試合のときに、パターを見てもらった。『ゆっくり長く出したほうがいい』と言われた教えは、ショートパットが入らないときに思い出すようにしています」と話す。

 「化粧をしないので、そこにこだわるしかない」というヘアカラーは、開幕からバイオレット、シルバー、青っぽい黒、シルバーとほぼ1カ月ごとに変え、現在はシルバーが色落ちして金髪。「優勝したらシルバーにしたい。とりあえずこの金髪から卒業したい」と話していた。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索