会社のパソコンで株取引 借金まみれのモンスター部下

あり得ないようなトラブルを巻き起こす「モンスター部下」が最近増えているという。相談をよく受ける社会保険労務士の石川弘子氏は、その実態と対処法を近著「モンスター部下」(日経プレミアシリーズ)にまとめた。

石川氏が相談を受けたモンスター部下の実態を同書から紹介する。

◇   ◇   ◇

B設計事務所 概要
リフォームやエクステリアの設計・施工を行う従業員数20名ほどの設計事務所。社内は自由な雰囲気で、人間関係も和気あいあいとしている。

登場人物
K林:B設計事務所でデザインを担当する30代男性、独身。遅刻をしたり、クライアントとの約束を忘れたりと、何かと問題を起こす。
Y橋:マネージャーを務める40代男性。誠実な仕事ぶりが評価され、マネージャーに抜擢された。K林の上司で、何かと問題を起こすK林に悩まされている。
O矢:K林の後輩で20代独身男性。独特のデザインセンスを持っており、クライアントの評価も高い。ただ、気分が乗らないと仕事を断ったりと、何かと扱いにくい。
B内:B設計事務所代表。50代男性。大手建設会社を退職後、20年前に同事務所を創業。細かいことにこだわらない大らかな性格。

■客先からクレーム殺到の社員。その理由は……

「いい加減にしてくださいよ! これで3回目ですよ。どうなっているんですか?」

Y橋はクライアントからのクレームの電話に平謝りだった。

「申し訳ございません。本人に確認して大至急対応するように伝えますので」

何とか収めて電話を切ると、Y橋は大きくため息をつき、近くにいたO矢に声をかけた。

「おい、K林はどこ行った?」

O矢はパソコンのモニターから目を離さずに、「さぁ? ホワイトボードに書いてません?」と気のない返事をした。Y橋が行動予定が書いてあるホワイトボードを見ても、K林の予定は空白だ。(全く、いい加減にしてくれよ……)Y橋は怒りを覚えながらK林の携帯に電話を入れた。何度目かの呼び出し音の後で、K林が電話に出た。

「おい、今どこにいる? ○○さんから電話があって、納期がまた延期になったってかなりお怒りだぞ。どういうことなんだ?」

K林は、「先方も納得していたんですけどね?」など、他人事のような返事をすると、「今打ち合わせ終わったんで、とりあえず今から戻ります」と言って電話を切った。


関連記事

おすすめ情報

NIKKEI STYLEの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

仕事術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

仕事術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る