中国・前漢時代の歴史家、司馬遷(紀元前145年ごろ〜同86年ごろ)が書き残した「史記」は、皇帝から庶民まで多様な人物による処世のエピソードに満ちています。銀行マン時代にその魅力にとりつかれ、130巻、総字数52万を超す原文を毛筆で繰り返し書き写してきた書家、吉岡和夫さん(81)は、史記を「人間学の宝庫」と呼びます。定年退職後も長く研究を続けてきた吉岡さんに、現代に通じるエピソードをひもといてもらいます。(前回の記事は「憎んだ人物、どうしたら許せるのか 史記が教える寛容」)

行ってみたい中国の街に、邯鄲(かんたん)があります。つかの間の眠りで長い一生を味わう「邯鄲の夢」の物語は、日本でも芥川龍之介が「黄梁夢(こうりょうむ)」という短編で描いています。のちに天下を統一する秦の始皇帝が人質の子として生まれた街でもあり、人の運命の不思議、そしてはかなさを感じさせる場所のような気がしています。

■「怒髪」の形相

この邯鄲を都としたのが中国・戦国時代(紀元前403〜同221年)の趙(ちょう)です。今回はこの趙を強国・秦の脅威から守った藺相如(りんしょうじょ)が主役です。与えられた困難なミッションを完璧に果たした男です。

趙の恵文王が「和氏(かし)の璧(へき)」という名品を手に入れました。璧とは中央に穴をあけて磨き上げた円盤状の宝玉です。ちなみに、全体に占める穴の割合が大きいものは「環(かん)」と呼ばれます。
この璧を秦の昭王がほしがり、15の城(城壁で囲んだ街)と交換したいと言ってきます。本当に城を明け渡す保証はありませんが、断れば、それを口実に兵を向けてくるでしょう。
趙王はある重臣が推薦した無名の若者、藺相如を呼び、秦に璧を与えるべきかどうか問いました。相如は落ち着いて「15もの城との交換を拒んだならば、おかしいのは我が国とされるでしょう。秦が璧を受け取りながら城をよこさなければ、おかしいのは秦になります」と答え、選ぶなら後者だと主張しました。
それでも王は不安です。秦を相手に、そんな交渉のできる人物は思い当たりません。「だれを使者にすべきか」。相如は答えます。
 王必ず人無(な)くば、臣願はくは璧を奉じて往(ゆ)かん。使(も)し城、趙に入らば、璧をば秦に留(とど)めん。城入らずんば、臣請ふ璧を完(まっと)うして趙に帰らん。
王がどうしても適当な人物をみつけられないなら、私が行きましょう。城が趙のものになれば璧は秦に置いてきます。城が得られないときは、璧を趙に持ち帰ることをお認めください――。「完璧」という言葉はこれが由来です。
相如がもたらした璧をみて、秦王は有頂天になりました。早くも自分のものになったかのように、宮女らに見せびらかします。趙に城を与える気など秦王にはまるでないとみた相如は「その璧には傷があります。王に指し示してご覧に入れましょう」と再び璧を手にし、柱のそばに立ちます。そして「怒髪(どはつ)上(のぼ)つて冠を衝(つ)く」ほど怒りをあらわにしました。
 大王必ず臣を急にせんと欲せば、臣の頭、今、璧と倶(とも)に柱に砕けん。
大王が璧を奪い取ろうとするなら、私の頭は璧もろとも柱にぶつかり砕かれるだろう――。璧を失うのを恐れた秦王は、改めて城を与えると口にし、さらに相如の求めに応じて、璧を受け取る前の5日間、斎戒(さいかい=心身を清め、けがれを捨て去ること)します。相如はその間に、従者に命じて趙に璧を持ち帰らせました。
イラスト・青柳ちか

この後、相如は秦王の前で事実を告げ、強い秦が先に15城を与えたならば弱い趙はすぐにでも璧を与えたこと、自分は死を覚悟していることを伝えます。秦王は怒りますが、相如を殺せば璧が手に入らないだけでなく、両国の関係が絶たれ、秦の評判も悪くなると思い直し、礼を尽くして相如を帰国させました。趙に戻った相如は上大夫という高官に出世します。