1983年、ネバーランドでアニソン関係の仕事に初めて携わった。

「井上君、アニメとタイアップしてみない?」。キングレコードさんからお話を頂きました。寝耳に水だったので、こちらは「は?」です。キングレコードの中でも仕事相手がアニメ関係の部署で、いつもお付き合いしている人たちと雰囲気も違っていました。

テレビアニメ「サイコアーマーゴーバリアン」のオープニング曲とエンディング曲を担当しました。「イントロをもっと派手に」とか「1コーラスを90秒で」と注文され「リクエストが多くてめんどくさい業界だなー」と。これが第一印象です。まだ「アニソン」の言葉もなく「テレビ漫画の歌」と言われていました。

正直なところ、子どものころにテレビアニメ「タイガーマスク」を見たくらいで、漫画やアニメには興味がありませんでした。景山(影山ヒロノブ)君は漫画が大好きで、レイジー時代の合宿所は漫画本だらけでしたが。ゴーバリアンが縁になり、プロレスの入場行進曲を作曲する仕事なども舞い込むようになりました。

[日経産業新聞 2018年8月2日付]

<<(10)レイジー解散で新グループ 「ポッキー」から井上へ