サンドウィッチマン、タモリ抜き1位 華丸・大吉2位

 2018年版のタレントパワーランキング芸人編は、お笑い界の変革が感じられる結果になった。17年までは3年連続でタモリが1位だったが、今回は芸歴20年のサンドウィッチマンが首位を獲得。次いで、芸歴28年の博多華丸・大吉が2位となった。

 日経エンタテインメント!が発表している「タレントパワーランキング」は、アーキテクトが3カ月に1度実施している、タレントの「認知度(顔と名前を知っている)」と「関心度(見たい・聴きたい・知りたい)」の調査を基に、2つのデータを掛け合わせて「タレントパワースコア」を算出、ランキング化したものだ。(調査の詳細は総合編の「タレントパワー、マツコ3連覇 石原さとみ4位浮上」をご覧ください)

 サンドウィッチマンと博多華丸・大吉の2組の共通点は、コンビ仲が良く、相方に関するエピソードトークが豊富なこと。そしてサンドは仙台、華大は福岡と地元愛が強く、売れっ子になった今も地方のレギュラー番組や漫才のステージを大切にしている。バラエティではロケに強く、どちらかというと名脇役タイプ。場を仕切るイメージはあまりなかったが、華大は18年4月から『あさイチ』(NHK)の司会に抜てきされ、サンドもMCの役割が増えてきた。視聴者から好かれ、制作側からも期待されており、今後も様々な現場で求められることになるだろう。

■女性ピン芸人の時代が到来

11位の伊達みきお、19位の富澤たけしは2018年2月より調査対象に追加。スコアは小数点第2位で四捨五入。順位は第2位以下も含めてつけた。

 もう1つ特徴的だったのは、女性のピン芸人の活躍が目立ったこと。前回大幅上昇した渡辺直美が、さらに躍進して3位の快挙。17年に最も存在感を示したブルゾンちえみは16位に入った。23位のイモトアヤコ、24位のいとうあさこを含めると、TOP30に4人もランクインしており、女性芸人へのニーズも高まっていそうだ。

 5位にはタモリ、6位には内村光良、7位には明石家さんま、9位にはダウンタウンという、国民的な大物たちが入った。順位だけを見れば下がってはいるが、パワースコアは上がっている。すでに確固たる芸風や地位があるものの、成長の余地のある後輩に軍配が上がったとみられる。ダウンタウンに関しては、松本人志が10位、浜田雅功が15位で、個人では順位が上がった。松本はAmazonプライム・ビデオの『ドキュメンタル』がシーズン4まで配信され、浜田は『プレバト!!』(TBS系)の視聴率が絶好調だった。

 12位には、いまや愛され芸人となった出川哲朗がランクインした。17年4月には、自身初のゴールデンタイムの冠番組『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』(テレビ東京系)がスタート。出川と地元の人との触れ合いが好評を得ている。そのほか、特番では『出川哲朗のアイ・アム・スタディー』など、MCの仕事も舞い込むように。サントリー「明日のレモンサワー」やベネッセ「進研ゼミ」など新規CMも増え、スコアが上昇した。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

NIKKEI STYLEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索