2020年度のタレントパワーランキング音楽編は1位が嵐で、9年連続トップを続けている。2位はサザンオールスターズの桑田佳祐、3位は米津玄師、4位はサザンオールスターズ。4位までは昨年と同じ顔ぶれだった。昨年から急上昇したトップはLiSAで、あいみょんが続く。

日経エンタテインメント!では、08年から年1回「タレントパワーランキング」を発表している。株式会社アーキテクトが3カ月に1度実施している、タレントの「認知度(顔と名前を知っている)」と「関心度(見たい・聴きたい・知りたい)」の調査を基に、2つのデータを掛け合わせて「タレントパワースコア」を算出、ランキング化したものだ(調査の詳細は総合編の「タレントパワー サンドウィッチマンが堂々の2連覇」をご覧ください)。

スコアは小数点第2位で四捨五入。順位は第2位以下も含めてつけた

今年のタレントパワーランキング音楽編は、2010年代に見られたきゃりーぱみゅぱみゅ、星野源といった、幅広い年代から人気を集める特大級のニューカマーは現れず、全体的に安定した結果となった。

1位はこれで9年連続首位となる嵐。特に全女性層において唯一50ポイントを超える人気となった。昨年11月に公式YouTubeチャンネルを開設したり、音楽配信も開始するなど、より幅広いファンに訴求する試みが功を奏している。

2位は、4位にバンドとしてもランクインしているサザンオールスターズの桑田佳祐。今年は1月に民放114局の共同企画「一緒にやろう」応援ソングの公開や、2月にシングル『悲しきプロボウラー』をリリースするなど、積極的な活動が目立つ。

昨年122位から4位に大きくジャンプアップした米津玄師は、今年3位に。『ノーサイド・ゲーム』の主題歌で、ラグビーW杯でも話題となった『馬と鹿』が、CDセールスとダウンロード合わせて150万を超える大ヒット。提供した楽曲でも、『パプリカ』(18年)がロングセラーとなり、Foorinは『NHK紅白歌合戦』に初出場。その『紅白』では、嵐が提供曲『カイト』を初披露するなど話題が尽きない。

5位の福山雅治から11位のMr.Childrenまでは、2ポイントの間に男性アーティストが僅差で並ぶ。いずれも長い期間にわたって高い人気を保っているアーティストだ。例えばジャニーズ勢ではここ数年、CDセールスにおいてKing & Prince、SixTONES、Snow Manなどの若手がメガヒットを飛ばしている。しかし、広い認知度と関心度を併せ持つ「タレントパワー」では、『東京オリンピック』関連イベントでアンバサダーを務めるTOKIO(6位)や、20年以上ドーム公演を続けているKinKi Kids(8位)が上位となった。