アトピー新薬を記者が使う 生活は改善も高い注射代

アトピー性皮膚炎は慢性化するとなかなか症状がよくならない。一日中ひどいかゆみに悩まされて、勉強や仕事に集中できなくなる。夜、熟睡もままならない。1年前、かゆみとそのもとになる皮膚の炎症反応を抑えるバイオ医薬品が登場、スキンケアと併用すれば普通に日常生活を送れるようになってきた。

記者は生まれてすぐの頃からアトピー性皮膚炎を患ってきた。半世紀の人生を振り返ると、乳幼児の頃は母に連れられ病院通い、いったんはよくなったが、思春期を迎え症状が悪化した。ステロイドの塗り薬を使っても効き目は限られていた。

かゆみは痛みよりも我慢しづらいと思う。顔や体をかきむしってしまい、気がつけば滲出液でじくじくし血がでることもある。なぜか体もだるくなる。記者になってからもストレスやプレッシャーがかかると、症状がひどくなった。

検査結果を説明する笠井弘子部長(東京都港区の北里大学北里研究所病院)

昨年夏ごろ、ある医療記事で国内でアトピー性皮膚炎を対象に新薬「デュピクセント」が使えるようになったことを知った。定期的に塗り薬をもらっていた北里大学北里研究所病院で相談すると「顔や体の皮膚の赤みが強い。最重症のなかの軽め」(主治医の笠井弘子皮膚科部長)という診断で、治療を始めてもらえることになった。

デュピクセントは体の中の免疫にかかわるたんぱく質(抗体)を使ったバイオ医薬品だ。マウスの体を借りて作った抗体を注射し、免疫細胞の一種「Th2細胞」が生み出す「インターロイキン(IL)4」と「IL13」という2つのたんぱく質の働きを抑え、かゆみやかゆみを増幅させる炎症反応を和らげる。

アトピー性皮膚炎がどのようなメカニズムで発症し慢性化していくのかは実はまだよくわかっていない。ただ、外からの異物(アレルゲン)の侵入を防ぐ皮膚のバリアー機能が弱く、皮膚炎を起こしやすい。かゆみにたえられなくなってかくと、皮膚が傷つき、アレルゲンへの炎症反応も増す。

こうしたかゆみの悪循環をデュピクセントは断ち切る。約50人の患者を対象に治療をしているNTT東日本関東病院の五十嵐敦之皮膚科部長は「かゆみに対する切れ味が従来の治療とは違う」と語る。

昨年10月末に初めて注射を打った。皮下注射というタイプで、薬剤を注入している間もまあまあ痛い。採血のように注射針を刺すときだけの痛みというわけにはいかなかった。

効果はすぐに表れた。翌日ごろからいつものひどいかゆみが減った。最初は気のせいかと思ったが、夜、かゆみで目が覚めることもなくなった。朝起きると、おでこや目の回り、首筋などが無性にかゆく、タオルでごしごしこするのが日課だったが、気づくとそうした動作も減っていた。


関連記事

おすすめ情報

NIKKEI STYLEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索