高齢ドライバーは注意すべきなのにあまり知られていない目の病気が、視野障害だ。高齢者に多い緑内障などが原因で、視野の欠如や狭さくで信号を見落としたり飛び出しに気づくのが遅れたりする。視力は低下しないケースもあり、気付かずに運転を続けて事故を起こす危険がある。専門家は「運転する高齢者は一度、眼科で受診してみてほしい」と呼びかけている。

「年をとると視野が狭くなる眼疾患が増える」と説明するのは西葛西・井上眼科病院(東京)の國松志保副院長。緑内障や網膜色素変性症では外側から視野が狭まり、脳梗塞では視野の半分が欠けることもあるなど疾患で症状は異なるという。

特に患者数が多いのが緑内障。日本緑内障学会の調査によると、高齢になるほど有病率は高く、70歳以上では1割を超える。視野の見えない部分は一部分から始まり、徐々に広がる。視野の中心部分の視力は保たれる場合が多く、自覚しにくい。

國松副院長によると、脳が映像を補正し、例えば、青空を背景にした信号機があっても、視野の欠けた部分に信号機が入ると、青空しか見えない状態になるためだ。「『何か変だな』と思いながら運転を続けてしまうことがほとんど」(國松副院長)という。

國松副院長が緑内障の外来患者約150人に行ったアンケートによると、緑内障に気付いたきっかけは「人間ドック」が75%、「眼鏡やコンタクトレンズの検査で眼科を受診した際」が20%。「自覚症状」は5%と極めて少なかった。

警察庁によると、2018年に高齢者講習を受講した人は全国で約269万人に上る。同庁は70歳以上が免許更新の際に受講する義務がある高齢者講習で、09年から視野検査を新たに加えた。検査結果が悪かったとしても免許取り消しにはならないが、加齢に伴う視野の変化などについてドライバーに自覚を促したり、運転者の状況に応じた指導をしたりすることで、高齢ドライバーが安全運転できるように支援する。