新型コロナウイルス感染症の重症患者に、入院中からリハビリを進める病院が増えてきた。早期からのリハビリが社会復帰を早めたり、肺機能障害などの合併症や、息切れなどの後遺症の予防・軽減に効果があることが期待されている。ただ、患者の容体が安定しない時期のリハビリには訓練を積んだスタッフが必要で、医療従事者の感染リスク懸念もある。サポート体制の整備も急務だ。

新型コロナの重症患者がICUの中でリハビリに取り組む=神戸市立医療センター中央市民病院提供、一部画像処理しています

3月に新型コロナに感染した元プロ野球監督で評論家の梨田昌孝さん(67)は、リハビリで元気を取り戻した一人だ。2週間以上いた集中治療室(ICU)を出た後は筋力が大幅に落ち、ペットボトルの蓋を開けたり箸をもったりするのも難しかった。腰がすわらず、声も出しにくかった。

PCR検査で陰性になる前に、ベッドから立つ練習などを始めた。当初は想像以上につらく、不安になったという。だが、「(医師らの勧めで)リハビリを始めてよかった」と振り返る。退院後もリハビリを続け、今では入院前とほぼ同じ状態まで回復したと感じているという。

重度の肺炎などの早期リハビリは2009年、英医学誌「ランセット」に掲載された論文などをきっかけに注目を集めた。ICUで早くリハビリを始めた患者は、退院時の回復度が大きく、せん妄や人工呼吸器の装着期間が短くなったという。その後、早期回復による医療費削減効果を示す報告も出てきた。新型コロナでも、世界保健機関(WHO)などがICU治療時から退院後までのリハビリを勧めている。

集中治療室に入った患者のダメージは大きい。入院中に筋力が大きく落ちる。日本集中治療医学会理事長の西田修・藤田医科大主任教授は「特に重症肺炎や敗血症の患者は、筋肉の破壊やカロリー消費が大幅に増える」と説明する。退院後に認知機能の低下などが続くこともある。

体力や臓器の機能が極端に落ちると回復するのは容易ではないため、「容体が安定しない時期からでも栄養療法や運動療法を組み合わせたリハビリが不可欠」(西田主任教授)という。

肺炎などのリハビリの基本は、運動療法だ。肺への空気の取り込みなどを助けるために、理学療法士が協力して患者の体位を変えるだけでなく、可能な限り座る姿勢や立つ練習を取り入れていく。様子をみながら、歩行の訓練や「エルゴメーター」などを使ったペダル運動をして筋力を維持させる。

日本急性期リハビリテーション医学会理事長の田島文博・和歌山県立医科大教授は「(運動療法は)筋力だけでなく呼吸機能を高める効果もある」と話す。呼吸に使う筋肉の強化のほか、血中の二酸化炭素を増やし正常な呼吸を保ちやすい。肺を動かし、たんを出して呼吸器の合併症を防ぐなどの効果もある。回復していけば、ストレッチや筋力トレーニングなどに進む。