衣類を長く使ってごみを減らすため、リメークする「アップサイクル」に注目が集まる。不器用で家庭科では“劣等生”だった記者(24)にもできるやり方があるそうだ。

衣類のごみが問題視されるようになり、ステイホームで裁縫を始める人も増加。形はそのままでサイズやデザインに手を加えるメンディング(修繕)、新しい形に作り替えるリメークにも関心が集まり始めた。

「リメイクしたらオンリーワンができました。」などの著書がある津田蘭子さんを訪れ、教えてもらった。

まずは衣類をリメークするか、津田さんの監修で仕分け。「形のシンプルさと衣類の大きさがポイント」(津田さん)。飾りがなく、生地を大きく取れる簡素な作りのものがお薦めだ。レース生地の衣類などは切り分けや縫いが難しくリメークに向かない。

津田さんの著作を参考に、カットソーとデニムジーンズをヘアバンドとエプロンの「お掃除コーデ」にリメークすると決めた。カットソーは伸び縮みしやすい生地、デニムジーンズは形を生かす。型紙いらずで、切って縫い合わせるだけ。家庭科の授業では大きな布から形を整える難しさがあったので、楽そうだ。

裁断にあたり、柔軟な伸縮と着心地のよさ、シルエットをきれいに見せるためのタックなど良さを再認識した。「服の作りや仕組みを実感でき、リメークを繰り返せば独自のアイデアも浮かびます」(津田さん)。

ヘアバンドやデニムの縫い合わせにはミシンを使う。持っていなくてもレンタルなら3泊4日で4千円程度から。基本の縫いができるものだけでなく、刺しゅうができるコンピューターミシンもある。

ミシン針や糸は、生地に合わせたものをそろえる。「作品の持ちが違います」(津田さん)。カットソーにはニット用ミシン糸やジーンズにはデニム用、といった具合だ。手芸用品店で購入できる。迷ったら店員に聞くとよい。

ミシンを使うのは高校生以来。糸の通し方やボタンにピクトグラムがふられており、わかりやすい。返し縫いもボタン1つ。足踏みミシンを使ったが、車の運転のようにスピードを調節しやすかった。

ヘアバンドは縫い目を隠すための飾り部分を軽く手縫い。ざっくり縫ってもよいが、玉留めはしっかり。「留めたいところと針を近づけて糸を巻き付けるように」と津田さんがアドバイス。エプロンのひもを通すのにハトメという工具を使った。ホームセンターで買い求められる。